PAN-Jからのメッセージ

歌舞伎やオペラ、ミュージカル、あるいは演劇などいわゆる舞台芸術を、劇場でじかに、なまで見たことありますか?
これらの舞台芸術は一回の公演だけで消えていくはかない「一回性」のものです。でも私たちはその舞台を見て感動し、時には涙を流し、時には大笑いするのです。

 この記憶にだけ残る芸術文化をいかに後世に残していくかは大問題です。舞台芸術は音楽、美術、舞踊、文学を含み、さらに劇場にいる観客と心を通わせながら作り上げる総合芸術です。私たちはこの舞台芸術としての文化遺産を、いかに後世に伝え残していくかを考える組織として、NPO法人ペタアートネットジャパンを設立し、正式に東京都から認証を受けました。

 手始めに今手元に残っている舞台装置原画を可能な限り、研究・整理・保存し、時には インターネットで見られる巨大なデジタルアーカイブを作りたいと思っています。これには多くの人手と時間、資金が必要です。このようなNPO法人に入会し、一緒に事業を進めていくお気持ちはないでしょうか?
たくさんの方のご連絡をお待ちしています。

NPO法人ペタアートネットジャパン 理事長 伊藤 洋
(早稲田大学名誉教授、前演劇博物館館長)
事務局長 多田忠弘
理事 小石新八
理事 立花寶山
理事 小田切ようこ
理事 松田修哉
理事 房園浩一

連絡先:toiawase@pan-j.org

 

最新情報はこちら>>>